太良町観光情報ページ

文字サイズ 文字サイズを縮小する文字サイズを標準サイズにする文字サイズを拡大する

背景色 標準青黒黄色

  • 観光トップ
  • 食べる
  • 遊ぶ
  • 観光する
  • 泊まる
  • アクセス
 
 

夜灯鼻灯台跡 (やとうばなとうだいあと)

更新日:2015年3月20日

町指定重要文化財

夜灯鼻灯台跡

 

竹崎島は有明海に突き出た陸繋島で、昔から有明海の交通の要所でした。しかし、島の前には暗礁が広がり、複雑な海流も重なって海難事故の多い場所でした。
江戸時代の寛延年間(1748年~1750年)に諫早藩の早田番左衛門がこの地に灯台を設けましたが、文政11年(1828年)の台風で倒壊してしまいました。その後、番左衛門の子孫にあたる市右衛門が先祖の遺志を継ぎ、明治2年にガラス鏡11面の洋式灯台を建設しました。現在、この灯台は無く、跡地に佐賀藩の国学副教授武富い南の筆による「照海灯の碑」が建立されており、早田市右衛門の功をたたえています。

お問い合わせ先

企画商工課 商工観光係

〒849-1698 佐賀県藤津郡太良町大字多良1番地6(太良町役場 2階)

電話番号:0954-67-0312

FAX: 0954-67-2425

お問い合わせフォーム

皆様にとって、より使いやすいホームページにするため、是非ご意見をお聞かせください。
質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

質問:このページの情報はわかりやすかったですか?