ホーム>健康・福祉>健康>予防接種>新型コロナウイルスワクチン接種事業>新型コロナウイルスワクチン接種事業について

新型コロナウイルスワクチン接種事業について

更新日:2024年2月9日
太良町新型コロナワクチン接種事業についてお知らせします。

ページメニュー(クリックすると各関連情報にジャンプします。)

1.最新のお知らせ(令和6年2月9日時点)

今後の新型コロナワクチン接種について

   新型コロナウイルス感染症は、令和5年5月8日から5類感染症に変更となりましたが、新型コロナワクチン接種は予防接種法に基づいて実施しており、4月以降の1年間は現行の特例臨時接種として延長されています。

 ワクチン接種については、重症化予防効果は接種後6か月以上、死亡予防効果は接種後10か月以上持続すると考えられています。また、有効性の十分な持続が見込めないと判断できる時期は、接種後1年程度と考えられています。

 令和5年9月20日からは、新型コロナ感染症による重症者を減らすことを目的に、初回接種を終了した生後6か月以上のすべての方を対象に、オミクロン株XBB.1.5対応1価ワクチンによる『令和5年秋開始接種』を行っています。

令和5年秋開始接種について:第3報 (厚生労働省チラシ) (PDFファイル; 1152KB)


 新型コロナウイルスワクチンの全額公費(無料)による接種は、

 令和6年3月末をもって終了します。

 接種を検討されている方は、期間内に余裕を持って受けてください。



第一三共社製ワクチンについて

 令和5年11月に第一三共社の「オミクロン株(XBB.1.5)対応ワクチン」(国内生産)が薬事承認され、令和5年秋開始接種として12歳以上の追加接種(3~7回目)に使用することができるようになりました。

 なお、太良町では第一三共社製ワクチンの供給量が限定的であること、また、ファイザー社製ワクチンの在庫に余裕があることから、ファイザー社製ワクチンを継続して使用します。


杵藤地区新型コロナワクチンコールセンターについて

 接種予約の電話受付を行っていたコールセンターの運営は、令和5年12月末で終了しました。

 今後の予約はWebまたは、太良町新型コロナワクチン接種対策室(0954-69-0567)にご連絡下さい。


令和6年度の方針について

 令和6年度については、季節性インフルエンザの定期接種と同様に定期予防接種(B類疾病)に位置付けられ、65歳以上の高齢者・60~64歳で重症化リスクが高い方を対象に、年に1回(秋冬頃)の接種が予定されています。

 使用するワクチンや自己負担額など詳細が決まりましたら改めてお知らせいたします。

   なお、任意接種として、時期を問わず自費で接種することもできます。


2.12歳以上の初回(1,2回目)接種について

 初回未接種の方については、9月20日から「オミクロン株XBB.1.5対応1価ワクチン」に切り替わりました。

 新型コロナウイルスワクチンの全額公費(無料)による接種は、

 令和6年3月末をもって終了します。

 接種を検討されている方は、期間内に余裕を持って受けてください。


  (1)対象       12歳以上

  (2)接種間隔     1回目の接種後、3週間の間隔をあけて2回目を接種

  (3)使用するワクチン オミクロン株XBB.1.5対応1価ワクチン

  (4)接種の効果    新型コロナウイルス感染症の重症化を予防する効果があります。

  (5)接種費用       無料(国が負担します)


1)接種計画(令和6年2月9日8時 時点)

 令和6年3月の接種計画は下表のとおりです。

 接種券が届いてから予約して接種してください。

 予約方法は、3)新型コロナワクチンの接種方法をご覧ください。 

 町内の医療機関では直接予約できません。


医療機関 接種するワクチン

期日

(1回目・2回目セットで予約) 
受付時間
太良病院

オミクロン株XBB.1.5対応1価ワクチン

1回目:3月4日

2回目:325

14時30分~15時00分

※1回目と2回目は3週間以上の間隔をあける必要があります。


2)新型コロナワクチンの接種方法

 対象者に順次、接種券(クーポン券)を郵送しています。

 接種券が届いたら、次の順序で接種してください。

封筒の中身を確認する 

 初回接種の封筒に入っているものは次のとおり。

 (1)接種券一体型予診票(1回目、2回目、1枚ずつ)と済証

 (2)太良町新型コロナワクチン初回接種のお知らせ

 (3)ワクチン説明書

 (4)厚生労働省のチラシ

 

以下の場合はご相談ください。

 慢性呼吸器疾患、先天性心疾患など、重症化リスクの高い基礎疾患を有するお子様はあらかじめかかりつけ医などとよく相談してください。接種を受ける前にかかりつけ医に接種していいのか、必ず確認を取ってください。

予約する

接種券番号が書いてある接種済証、筆記用具を用意してください。


太良町新型コロナワクチン接種対策室

  電話0954-69-0567(平日8:30~12:00、13:00~17:15)


予約日に接種します。

 ・体温を測定し、明らかな発熱がある場合や体調が悪い場合などは、接種を控えてください。

 ・肩を出しやすい服装で予約した医療機関にお越しください。

 ・当日の持ち物 

   接種券と予診票(送付時の封筒に入れて)

    ※接種には、保護者の同意が必要です。予診票には保護者が自署してください。

   本人確認ができる書類(運転免許証、健康保険証、マイナンバーカードのうち一つ)

   おくすり手帳


接種に関する注意事項

 ・接種当日に、発熱や体調不良で予約をキャンセルする場合は、

  太良町役場健康増進課(0954-67-0753)に電話してください。

 

3.令和5年秋開始接種について

 9月20日から、『令和5年秋開始接種』を行っています。

 新型コロナウイルスワクチンの全額公費(無料)による接種は、

 令和6年3月末をもって終了します。

 接種を検討されている方は、期間内に余裕を持って受けてください。

 

(1)対象        初回接種が終了したすべての方

(2)使用するワクチン  オミクロン株XBB.1.5対応1価ワクチン

(3)接種間隔等     オミクロン株XBB.1.5ワクチンは、他のワクチンとは前後13日以上の接種間隔が必要です。

(4)接種券発送     前回接種から3か月経過後に順次発送を予定しています。


1)接種計画(令和6年2月9日8時 時点)

 令和6年2月・3月の接種計画は下表のとおりです。

 接種券が届いてから予約して接種してください。

 予約方法は、3)新型コロナワクチンの接種方法をご覧ください。 

 町内の医療機関では直接予約できません。


令和5年秋開始接種

【2月】

年齢 医療機関 接種するワクチン 2月の接種できる期日 受付時間


初回接種(1・2回目)を終了した方


太良病院

オミクロン株

XBB.1.5対応1価ワクチン

(ファイザー社)


15、22

14時30分~15時30分

 ※2月は太良病院のみです。

【3月】

年齢 医療機関 接種するワクチン 3月の接種できる期日 受付時間


初回接種(1・2回目)を終了した方


太良病院

オミクロン株

XBB.1.5対応1価ワクチン

(ファイザー社)


7、14、21、28

14時30分~15時00分

 ※3月は太良病院のみです。

2)接種券の発送予定

 接種券については、前回接種日から3か月経過後に、随時接種券を発送します。

 前回発送した接種券(青封筒・緑封筒・黄色封筒・藤色)が未使用の場合、秋開始接種に使用できますので、新たな接種券発送は行いません。

 紛失等で接種券を希望する方は下記までお問い合わせください。


 太良町新型コロナワクチン接種対策室(12月29日~1月3日は閉庁)

  電話0954-69-0567(平日8:30~12:00、13:00~17:15)


接種券発行希望の方

  太良町新型コロナウイルスワクチン接種対策室にて申請後、交付します。

  ※申請には、以下の申請書の記入・提出が必要です。

   下記の様式をご利用ください。

   ・(個人申請用)令和5年秋開始接種用接種券発行申請書 (Wordファイル; 24KB)

   ・(代理申請用)令和5年秋開始接種用接種券発行申請書 (Wordファイル; 23KB)


3)新型コロナワクチンの接種方法

接種券が届いたら、次の順序で接種してください。


封筒の中身を確認する 

 令和5年秋開始接種の封筒に入っているものは次のとおり。

 (1)接種券一体型予診票と済証

 (2)太良町新型コロナワクチン接種Web予約説明書

 (3)太良町新型コロナウイルスワクチン『令和5年秋開始接種』のお知らせ

 (4)令和5年秋開始接種についてのお知らせ:第2報(厚生労働省 ) (PDFファイル; 1080KB)

   (5)ワクチンの説明書(外部リンク)


以下の場合はご相談ください。

(1)病気治療中の方や、薬剤アレルギーがある方、体調に不安がある方は、かかりつけ医に接種していいのか、必ず事前に確認を取ってください。

(2)かかりつけ医が町外の場合は、町外のかかりつけ医で予約を取って接種してください。


予約する

 接種券一体型予診票、済証、同封の太良町新型コロナワクチン接種のお知らせ、筆記用具を用意してください。

  (1)電話で予約する場合

  ※コールセンターの運営は、令和5年12月末で終了しました。

   1月以降は、太良町新型コロナワクチン接種対策室(0954-69-0567)にご連絡下さい。

 

 (2)Webで予約する場合

   (1)接種券一体型予診票、済証と同封のWeb予約説明書を

      用意してください。

    ※推奨ブラウザは、Google Chrome です。

   (2)太良町の自治体番号「414417」を入力する。

   (3)接種済証(臨時接種)に記載してある「あなたの接種券番号10桁」を入力する。

   (4)パスワード(初回(1回目)接種時に設定したもの)を入力する。

    ※初めてWeb予約する方は、生年月日8桁(西暦)

    ※パスワードを忘れた方は「パスワードを忘れた方はこちら」からパスワードを再設定

               してください。

   (5)基本情報変更から、姓(カナ)、名(カナ)、性別、電話番号を入力する。

     対象者の確認のため、必ず入力してください。

   (6)ログイン後、

    ・太良町民限定の医療機関

    ・ワクチンの種類

    ・期日、受付時間

    を選択し予約します。

   (7)予約締切以降及び、接種当日のキャンセルは、

    太良町新型コロナワクチン接種対策室(0954-69-0567)に連絡してください。


   Web予約はこちらから → Web予約


予約日に接種します。

 ・体温を測定し、明らかな発熱がある場合や体調が悪い場合などは、接種を控えてください。

 ・肩を出しやすい服装で医療機関にお越しください。

   ※18歳未満の方は、保護者同伴で接種してください。

 ・当日の持ち物 

  接種券と予診票(送付時の封筒に入れて)

   ※15歳未満の方は、予診票に保護者が自署することで同意を確認します。

  本人確認ができる書類(運転免許証、健康保険証、マイナンバーカードのうち一つ)

  おくすり手帳

接種に関する注意事項

・接種当日に、発熱や体調不良で予約をキャンセルする場合は、

 太良町役場新型コロナワクチン接種対策室(0954-69-0567)に電話してください。

4.小児(5~11歳)接種について

 9月20日以降、オミクロン株XBB.1.5対応1価ワクチンによる『令和5年秋開始接種』が始まりました。

 新型コロナウイルスワクチンの全額公費(無料)による接種は、

 令和6年3月末をもって終了します。

 接種を検討されている方は、早めに健康増進課(0954-67-0753)へご相談ください。

 (1)対象        接種時に5~11歳の方

 (2)接種するワクチン  ・オミクロン株XBB.1.5対応1価ワクチン

 (3)接種回数、間隔   ・初回接種:3週間の間隔をあけて2回接種

               ・追加接種:2回目接種後から3か月以上をあけて1回接種

                             ※なお、様々な事情によりすべての接種を完了できないとしても、

                                      一定の効果は期待できるといわれています。

 (4)予防接種の効果   新型コロナウイルス感染症の重症化を予防します。

 (5)接種費用      無料(国が負担します)


  詳細は 厚生労働省の「小児(5~11歳)接種」 をご覧ください。


      接種に関して不安なことや疑問点については、県の副反応コールセンターで対応しています。

  【新型コロナウイルスワクチン副反応等相談センター】

         ・日本語での相談:電話番号 0954-69-1105

            8時30分から17時まで(土曜日、日曜日、祝日も対応)  

   ・筆談での相談:FAX番号 0952-25-7268

     ・多言語での相談:電話番号 092-286-6823

  

1)接種計画(令和6年2月9日8時 時点)

小児(5~11歳)

医療機関

接種するワクチン

期日

太良病院

オミクロン株XBB.1.5対応1価ワクチン

未定


2)新型コロナワクチンの接種方法

 対象者に順次、接種券を郵送しています。

 希望する場合は、太良町役場健康増進課(0954-67-0753)へご連絡ください。

 なお、小児(5~11歳)については、前回発送した接種券(オレンジ封筒・緑封筒)が未使用の場合、

秋開始接種に使用できますので、新たな接種券発送は行いません。

 紛失等で接種券を希望する方は下記までお問い合わせください。


 太良町新型コロナワクチン接種対策室

  電話0954-69-0567(平日8:30~12:00、13:00~17:15)


封筒の中身を確認する 

 小児(5~11)接種の封筒に入っているものは次のとおり。

 【初回】

 (1)接種券一体型予診票(1回目、2回目、1枚ずつ)と済証

 (2)太良町新型コロナワクチン初回接種のお知らせ

 (3)新型コロナワクチン接種についてのお知らせ(厚生労働省)

 (4)ワクチンの説明書(外部リンク)


 詳細は、厚生労働省のホームページ5~11歳の子どもへの接種(小児接種)についてのお知らせ)をご確認ください。(外部リンク)

以下の場合はご相談ください。

 慢性呼吸器疾患、先天性心疾患など、重症化リスクの高い基礎疾患を有するお子様はあらかじめかかりつけ医などとよく相談してください。接種を受ける前にかかりつけ医に接種していいのか、必ず確認を取ってください。

予約する

接種券番号が書いてある接種済証、母子健康手帳、筆記用具を用意してください。

 健康増進課 電話0954-67-0753 

 平日8:30~12:00 13:00~17:15


予約日に接種します。

 ・体温を測定し、明らかな発熱がある場合や体調が悪い場合などは、接種を控えてください。

 ・肩を出しやすい服装で予約した医療機関にお越しください。

  ※保護者同伴で接種を受けてください。

 ・当日の持ち物 

   接種券と予診票(送付時の封筒に入れて)

    ※接種には、保護者の同意が必要です。予診票には保護者が自署してください。

   本人確認ができる書類(運転免許証、健康保険証、マイナンバーカードのうち一つ)

   おくすり手帳

   母子健康手帳


接種に関する注意事項

 ・接種当日に、発熱や体調不良で予約をキャンセルする場合は、

  太良町役場健康増進課(0954-67-0753)に電話してください。


5.乳幼児(生後6か月~4歳)接種について

 9月20日以降、オミクロン株XBB.1.5対応1価ワクチンによる『令和5年秋開始接種』が始まりました。

 新型コロナウイルスワクチンの全額公費(無料)による接種は、

 令和6年3月末をもって終了します。

 接種を検討されている方は、早めに健康増進課(0954-67-0753)へご相談ください。

 (1)対象        接種時に生後6か月~4歳の方

 (2)接種するワクチン  オミクロン株XBB.1.5対応1価ワクチン

 (3)接種回数、間隔   追加接種:1回

              ・初回接種3回目から3か月以上あけて1回接種  

 (4)接種部位      三角筋中央部(肩)、

                                        1歳未満及び筋肉量が少ない児は大腿前外側部(太もも)

 (5)予防接種の効果   新型コロナウイルス感染症の重症化を予防します。

 (6)接種費用      無料(国が負担します)


  詳細は 厚生労働省の「乳幼児(生後6か月~4歳)接種」 をご覧ください。

  

  接種に関して不安なことや疑問点については、県の副反応コールセンターで対応しています。

  【新型コロナウイルスワクチン副反応等相談センター】

         ・日本語での相談:電話番号 0954-69-1105

            8時30分から17時まで(土曜日、日曜日、祝日も対応)  

   ・筆談での相談:FAX番号 0952-25-7268

     ・多言語での相談:電話番号 092-286-6823

1)接種計画(令和6年2月9日8時 時点)

乳幼児(生後6か月~4歳)

医療機関

接種するワクチン

期日

太良病院

オミクロン株XBB.1.5対応1価ワクチン

未定

2)新型コロナワクチンの接種方法

 対象者に順次、接種券を郵送しています。

 接種券が届いたら、次の順序で接種してください。


 なお、乳幼児(生後6か月~4歳)については、追加接種可能な対象者のみに接種券を郵送しています。

 新たに初回接種の対象となる方については、希望調査のハガキを送付しています。

 希望する場合は、太良町役場健康増進課(0954-67-0753)へご連絡ください。

封筒の中身を確認する 

 乳幼児(生後6か月~4歳)接種の封筒に入っているものは次のとおり。

 【初回】

 (1)接種券一体型予診票3枚と済証

 (2)太良町新型コロナワクチン初回接種のお知らせ

 (3)新型コロナワクチン接種についてのお知らせ(厚生労働省)

 (4)ワクチンの説明書(外部リンク)

  

以下の場合はご相談ください。

 慢性呼吸器疾患、先天性心疾患など、重症化リスクの高い基礎疾患を有するお子様はあらかじめかかりつけ医などとよく相談してください。接種を受ける前にかかりつけ医に接種していいのか、必ず確認を取ってください。

予約する

接種券番号が書いてある接種済証、母子健康手帳、筆記用具を用意してください。

 健康増進課 電話0954-67-0753 

 平日8:30~12:00 13:00~17:15

予約日に接種します。

 ・体温を測定し、明らかな発熱がある場合や体調が悪い場合などは、接種を控えてください。

 ・肩を出しやすい服装で予約した医療機関にお越しください。

  ※保護者同伴で接種を受けてください。

 ・当日の持ち物 

   接種券と予診票(送付時の封筒に入れて)

    ※接種には、保護者の同意が必要です。予診票には保護者が自署してください。

   本人確認ができる書類(運転免許証、健康保険証、マイナンバーカードのうち一つ)

   おくすり手帳

   母子健康手帳


接種に関する注意事項

 ・接種当日に、発熱や体調不良で予約をキャンセルする場合は、

  太良町役場健康増進課(0954-67-0753)に電話してください。



6.接種券の再交付について

 接種券を紛失・汚損した方は、太良町新型コロナワクチン接種対策室にご連絡ください。

 ・太良町役場健康増進課新型コロナワクチン接種対策室(0954-69-0567)


7.武田社ワクチン(ノババックス)について

  初回(1・2回目)接種及び令和5年秋開始接種(追加接種)で使用可能なワクチンであった武田社ワクチン(ノババックス)は、12月25日に有効期限を迎え、供給が終了しました。

 ポリエチレングリコール(PEG)に対するアレルギー等により、mRNAワクチン(ファイザー社、モデルナ社)に不安のある方は、接種医師にご相談ください。


8.かかりつけ医を持たない、または、かかりつけ医で接種できない場合

かかりつけ医を待たない、または、かかりつけ医で接種できない場合は町内の医療機関で接種します。


                                                令和6年2月9日時点

医療機関

初回

(1,2回目)

接種

令和

5年秋開始接種

乳幼児・小児接種

 備考
太良病院 ×


 〇接種できる 

 ×接種できない


緒方医院 ×

×

×

町内の医療機関では予約できません。

9.住所地外での接種について

 新型コロナワクチンは原則、

住民票がある市町村の医療機関等で接種することになっていますが

やむを得ない事情がある場合には、住民票がある市町村以外に届出を行うことにより

ワクチン接種を受けることができます。

住所地外での接種対象者

・出産のために里帰りしている妊産婦

・単身赴任

・遠隔地へ下宿している学生

・ドメスティック・バイオレンス、ストーカー等、児童虐待及びこれらに準ずる行為の被害者

 など

届出方法

 住民票所在地以外での接種を希望する方は、接種を行う医療機関等が所在する市町村に

「住所地外接種届」の届けが必要です。下記のいずれかの方法で届出てください。


(1)窓口で届出

 接種を行う医療機関等が所在する市町村の窓口に「住所地外接種届」のほか、

「接種券」を提出してください。

市町村は「住所地外接種届」を受理した後、記載内容を確認したうえで

「住所地外接種届出済証」を交付します。


 様式「住所地外接種届」太良町への届出用 (Wordファイル; 18KB)


(2)Webでの届出 

 厚生労働省が運営するWebサイト、「コロナワクチンナビ(外部リンク)」で

届出を行うことができます。

 お手元に接種券を用意のうえ、コロナワクチンナビにアクセスしてください。

 手順にそって入力することで、画面上に「住所地外接種届出済証」が発行されるので

印刷または画面キャプチャー(スクリーンショット)により保存してください。


接種当日は、接種会場で、交付された「住所地外接種届出済証」または、

保存した画面を提示してください。


※事前にワクチン接種の予約等が必要な場合もありますので、

居住地の市町村や医療機関に確認をお願いします。


10.接種済証及び接種証明書(二次元コード付き)について

 予防接種法に基づく新型コロナワクチン接種後、接種券に付属した予防接種済証に接種年月日やワクチンの情報が記載されたシールが貼りつけられます。予防接種済証は接種を確認するために必要になります。


 二次元コード付き接種証明書は、予防接種記録等を、接種を受けた方からの申請に基づき交付するものです。接種済証を持っている方は、原則申請の必要はありません。


 取得方法は、1.市町村の窓口への申請(申請先は接種を受けた際に住民票のある市町村)、2.スマートフォン上の専用アプリでの取得、3.コンビニエンスストア等店舗内の端末での取得があります。※対象の店舗は、厚生労働省のホームページでご確認ください。


(1)太良町新型コロナワクチン接種対策室への申請(接種済証再交付・証明書の交付)

接種済証再交付

 接種済証は、ワクチン接種をしたことを正式に証明するものです。国内で証明書として有効です。

 接種済証を紛失・汚損した方は、太良町新型コロナワクチン接種対策室で再交付申請をしてください。


 申請対象者:太良町が発行した接種券で接種を受けた方

 再交付申請に必要なもの

  1)新型コロナワクチン接種済証再交付申請書 (PDFファイル; 70KB)

  2)本人確認書類:運転免許証、保険証、マイナンバーカードのいずれか


接種証明書(二次元コード付き)の交付

 接種証明書とは、ワクチン接種済みであることを証明するもので、ワクチンパスポートとも呼ばれます。

 市町村が発行する接種証明書には、「国内用」と「海外渡航用」があります。


 申請対象者:日本国内で新型コロナワクチンを接種した方

 交付申請に必要なもの

  1)新型コロナウイルス感染症予防接種証明書交付申請書 (PDFファイル; 97KB)

    ※日本国内用及び海外用ともに使用

  2)本人確認書類:運転免許証、保険証、マイナンバーカードのいずれか

  3)海外用を希望される方は、パスポート等の渡航書類


(2)スマートフォン上の専用アプリでの取得

 新型コロナワクチン接種証明書アプリは、日本政府が公式に提供するアプリです。

 アプリで発行した証明書を画像保存できます。保存した画像を自宅のプリンター等で印刷すれば、町に交付申請をしなくても書面の接種証明書を取得できます。

 アプリのダウンロード方法や申請手順の詳細は以下をご確認ください。

 

 デジタル庁ウェブサイト:新型コロナワクチン接種証明書アプリ


(3)コンビニでの取得

 令和4年7月26日から、一部のマルチコピー機を設置しているコンビニエンスストアで発行が可能となりました。

 全国のセブンイレブンやローソン等で利用可能です。今後順次、対象店舗が拡大される予定です。コンビニ交付を希望される方は、事前に利用するコンビニがサービスに対応しているかご確認ください。


・発行可能時間:午前6時30分から午後11時まで(土日祝休日を含む)

・申請に必要なもの:マイナンバーカード

・接種証明書発行料:120円

 詳細は、厚生労働省ホームページ(外部リンク)でご確認ください。


参考資料

 ・令和4(2022)年7月26日から新型コロナワクチン接種証明書をコンビニで取得できるようになります

 ・新型コロナウイルス感染症予防接種証明書(コンビニでの取得方法)

11. 10代・20代の男性と保護者の方へのお知らせ

 新型コロナワクチン接種後の心筋炎・心膜炎についてファイザー社とモデルナ社の新型コロナワクチン接種後に、ごくまれに、心筋炎・心膜炎を発症した事例が報告されています。

特に10代・20代の男性2回目の接種後4日程度の間に多い傾向があります。


詳細はリンク先をご覧ください。

新型コロナワクチン接種後の心筋炎・心膜炎について(厚生労働省パンフレット) (PDFファイル; 614KB)

      新型コロナワクチンQ&A(厚生労働省ホームページ)


12.間違い疑い事例のご報告

新型コロナワクチン接種における接種間違い疑い事例の報告

1)個別接種にご協力いただいている町内の医療機関が、高齢者施設の入所者らを対象に実施した

  新型コロナワクチンの4回目接種の際に、3回目接種からの間隔が不足している事案が発生いた

  しましたので、ご報告します。
  被接種者及びご家族には、心よりお詫び申し上げます。
  今後、このような事案が発生しないよう、改めて安全な接種実施に取り組んでまいります。
  詳細は添付ファイルをご参照ください。 

  令和4年9月13日 報道発表資料 (PDFファイル; 544KB)


(2)令和3年7月9日、町内医療機関で接種間違い疑い事例が発生しました。

  詳細はリンク先をご覧ください。

  令和3年7月12日 報道発表資料 (PDFファイル; 587KB)


13.副反応が起きた場合(予防接種健康被害救済制度について)

予防接種は、感染症を防ぐために重要なものですが、極めてまれに健康被害が起こることがあります。

 ワクチンを接種した後に起こる発熱、接種部位の発赤・腫脹(はれ)などの比較的よくみられる軽い副反応や、極めてまれに発生する脳炎や神経障害など健康被害と考えられる副反応もあります。

 しかし、その副反応はワクチンの接種が原因ではなく、偶然、ワクチンの接種と同時期に発症した感染症などが原因であることがあります。

 このため、予防接種後健康被害救済制度では、ワクチンの接種による健康被害であったかどうかを個別に審査し、ワクチンの接種による健康被害と認められた場合に給付をします。


 本町でも、認定を受けた方がおられます。万が一、予防接種による健康被害が発生した場合には、救済給付を行うための制度がありますので、お気軽にご相談ください。


▼詳細は、厚生労働省のホームページををご参照ください。
 (厚生労働省)予防接種健康被害救済制度について(外部リンク)
 (厚生労働省)新型コロナワクチンの副反応疑い報告について(外部リンク)

▼今後の新型コロナワクチン接種の方向性やワクチンの効果など、最新の情報が掲載されています。
 (厚生労働省)厚生科学審議会 (予防接種・ワクチン分科会) (外部リンク)
 (厚生労働省) 厚生科学審議会 (予防接種・ワクチン分科会 予防接種基本方針部会)(外部リンク)

14.接種に関する問い合わせ先

1.リンク集

 首相官邸ホームページ→新型コロナワクチンについて

 厚生労働省→新型コロナワクチン接種についてお知らせ

 厚生労働省→新型コロナワクチンについてQ&A

 佐賀県→新型コロナワクチン接種について

2.副反応など専門的な相談窓口 

 佐賀県新型コロナウイルスワクチン副反応等相談センター

 電話0954-69-1105(8:30~20:00 ※令和6年3月末まで)

3.厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター

 電話0120-761-770(9:00~21:00 年中無休)

4.太良町へのお問い合わせ

 太良町新型コロナワクチン接種対策室

 電話0954-69-0567(平日8:30~12:00、13:00~17:15)

GetAdobeReader PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビ システムズ社から無償提供されているAdobe ReaderTM(別ウインドウが開きます)プラグインが必要です。
お問い合わせ先

健康増進課 健康づくり係

〒849-1698 佐賀県藤津郡太良町大字多良1番地6(太良町役場 1階)

電話番号:0954-67-0753

FAX:0954-67-2103

お問い合わせフォーム

皆様にとって、より使いやすいホームページにするため、是非ご意見をお聞かせください。
質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

質問:このページの情報はわかりやすかったですか?

ページ上部へ戻る

太良町役場  組織一覧・直通電話帳

〒849-1698 佐賀県藤津郡太良町大字多良1番地6

電話:0954-67-0311 FAX:0954-67-2425

法人番号2000020414417 

役場開庁時間

平日:8時30分~17時15分

火曜:8時30分~19時(本庁窓口のみ)

※土・日曜日、祝祭日、年末年始(12月29日~1月3日)はお休みです